Jin's Report 2013

□ □ □ ■ □ □ □ □ □ □

練習会 INオーストラリア

練習会 12月

クイーンズランド州ロックハンプトン

 

およそ5週間の滞在を終えて、12月上旬に帰国しました。
このあいだ、およそ20頭のブルに乗りました。残念ながら、練習も試合も通して8秒乗りきれた回数は、ゼロ。

ただ、なぜか悲観した感覚がありません。
試合での7.4秒もそうでしたが、ここに載せたライドも7秒は超えています。このライドでは、ブルがバランスを崩し、完全に横向けに倒れてしまいました。試合であれば、「リライド」という再騎乗の権利を与えられるところですが、このライドは練習会だったので、リライドはありませんでした。



けれども、このライドの中身にぼくは今回の合宿と、今年から続けている『竹田塾』というトレーニング塾でのトレーニングの成果が現れていると、考えています。
小型のブルなので、パワーはありません。身体をひねりながら、よじりながら高く跳ねるブルです。そういう動きに対して、上体を崩されることなく対応していて、なおかつ両脚がブルから離れていません。
途中、左に急激に曲がるコーナーが入りますが、それにも瞬時に対応できました。ここ数年、左へ廻るブルを苦手としていたぼくが、克服しなければいけない弱点でした。
それに続く1メートル近く跳んでいるジャンプに対しても、ロープを握る左手と股間が離れることなく、上体の姿勢を保てていました。
もう8秒が近い、と思っていたところでブルから先に崩れてしまい、おまけに上に乗っかられて、じたばたと暴れられてしまい、脱出するまでに時間がかかってしまいました。
これも、ブルライディングでは起こり得る出来事です。

このライドを最後に、オーストラリアから帰国しました。
すぐに竹田塾でのトレーニングを再開して、来年の渡米に向けて準備を進めています。



今年1年、応援していただいた全ての皆様に、心から感謝いたします!
本当に、どうもありがとうございます!!!
ほとんどブルに乗れないシーズンとなり、私からご報告させていただくことが少ないシーズンでしたが、2014年はアメリカに戻り、1シーズン通して、皆様にご報告できるよう努めて参ります。

今後とも、変わらぬご声援を承りますよう、どうぞよろしくお願いいたします!!!

2013年 師走

ブルライダー
芝原仁一郎

  

CONTENTS

PAGE TOP