Jin's Report 2016

□ □ □ ■ □ □ □ □ □ □

中途半端

第3戦 7月4日

【移動距離13.4マイル/約21.4km】
“Western Stampede”West Jordan, UT.(PRCA)
“ウェスタン・スタンピード”
ユタ州ウェスト・ジョーダン

2戦目から約1週間あいた。時差ぼけも解消されてきて、バレルでの練習を重ねながらコンディションも調整してきた。
もともとこのロデオのエントリーからは外れていて、このロデオと7月8日のロデオの出場が決まったのは、先週だった。2つのロデオに出場する予定の選手が一人棄権してくれたおかげで、ぼくの出番が回ってきた。3週間しかない滞在期間で、なるべく多くのロデオに出場したい。そのつもりで渡米していたので、回ってきた機会は逃したくなかった。
7月4日はアメリカにとって、1年で最も大切な日かもしれない。
『独立記念日』
全米が祝賀ムードに包まれ、この祝日に合わせてあちこちでイヴェントが開催される。ロデオは特に中西部から北西部、西部にかけて、そのお祭りのフィナーレを飾るメイン・イヴェントだ。各地のロデオ・アリーナは満員の観客で埋まり、立錐の余地もない。
ユタ州のウェスト・ジョーダンは、州都ソルトレイク・シティから南へ車でわずか20分という近距離、郊外の住宅地だ。
抽選で引いたブルは、Celvi Championship Rodeo社(セルヴィ・チャンピオンシップ・ロデオ社)のH12 Hooky Greely Hat Works(H12 フッキー・グリーリィ・ハット・ワークス)という長い名前。ストック・コントラクターは簡略して「フッキー」と呼んでいた。



さすがに独立記念日だけあって、オープニング・セレモニーも盛大で、各種目の合間にも様々な演目が出されて、ブルライディングの順番までかなり時間が空いた。選手たちも待ちくたびれた感が出始めていた。
ようやくブルがバッキング・シュートに入れられてきたのは9時半を過ぎたころだ。出場した選手は13名。フッキーは、後ろのほうに運ばれてきた。ブルロープを巻いてサイズを確認して、両脚の位置の置き場所の目途を立てた。ヴェストとヘルメットを用意して、シュート裏で待機する。そのあいだ、他の選手のライドを見たり、ブルロープを締めるのを手伝ったりしていた。
出番が回ってきた。9番目だった。それまで8秒乗り切ったのは一人しかいなかった。



シュートの中で、すでにフッキーは攻撃的だった。ブルロープを巻きつけている間もじっとすることなく暴れ、ぼくを前のスライド・ドアにぶつけようとケツを跳ね上げる。そのあとは落ちついたものの、顔を下に向けたままだ。ぼくはというと、少し焦ってしまい中途半端な体勢でGOサインを出してしまった。姿勢は少し前傾しすぎている。右手は少しヘルメットに近すぎた。
最初のジャンプは小さかったが、次の跳躍で3メートル近く前に飛んだ。着地するときの引きつけが強く、ロープを握る左手と自分のケツが離れてしまった。パワーに負けていた。着地してすぐに右へ方向転換して、飛ぶ。四足すべてが宙に浮き、身体をねじる。着地したときすでに体勢を崩されていたぼくは、その速い動きにまったくついていけず、そのままフッキーの左側に吹っ飛ばされた。
問題はここからだ(残念ながらこの動画には映っていない)。ぼくは四つん這いで逃げる。ブルファイターが引きずるようにして、こちらに向かってくるフッキーからぼくを遠ざける。けれどもフッキーはそれ以上に速く、立ち上がろうとしたその時に左脚のふくらはぎの上を駆け抜けていった。
脚を引きずりながらシュートの中に逃げ込み、その後の難は逃れた。でもすでに、踏まれた個所が膨らみ始めているのを感じていた。




痛みはもちろんあるが、なぜあそこでGOサインを出したのか、悔いた。シュートの中でフッキーが暴れたあと、なぜもう一度ブルロープを締め直さなかったのか。フッキーが顔を上げてグラウンドのほうへ向くように、なぜ仕向けなかったのか。出るときは重心をもう少し後ろに置いておくべきだったのに。右腕をもう少し前にかざし、動き出すと同時に重心を前へ移行させるべきだったのに。
「やり直したい」と思っても、もう遅い……。
顔をしかめていると救急隊員が近づいてきて「大丈夫か?」と声をかけてくれたが、一言「ああ大丈夫だ」と言ってベンチに腰掛けた。
着替える時にジーンズを下げると、左脚のふくらはぎが右脚のそれの1.5倍くらいに膨らんでいた。カウボーイ・ブーツは履けそうになかった。競技に使っているレース・アップのブーツをもう一度履いて、バッグをかついで駐車場へ向かった。なにもかもが重かった。「脚は折れていないだろう」そう願った。
それでも、次のロデオのことを考え始めていた。
独立記念日を祝う花火が夜空に咲いていた。



クリックで拡大、ドラッグが出来ます

  

CONTENTS

PAGE TOP